読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

の人生 徹底攻略法

架空のゲームの攻略本。衰退した攻略本文化に敬意を払いつつ…

防具

 防具は、体に身につける服飾品のこと。多くは布製品だが、稀に金属・鉱石のものもある。
 装備できる部位は多岐にわたる。頭部である「頭」「顔(額・目・口)」「首」に始まり、上半身である「体(肩・胸・腹・背)」「腕(二の腕・手首・手・盾)」、下半身である「脚部(股間・脚・足首・足)」まで、多種多様なアイテムを装備することができる。
 防具はすべての部位に装備する必要はない。また、同じ部位に複数の防具を装備することもできる(重ね着)。
 一般的なRPGにおいて防具とは、プレイヤーの防御力をあげ、敵の攻撃から受けるダメージをやわらげるものだ。しかし、『の人生™』では、特に防御力は上がらない。一部の頭部用防具や鎧などは防御力が上がるものの、たいして意味はない。伝説の鎧を着ていても、高い所から落下したり、電車にひかれたりすれば、即座にゲームオーバーだ。
 じゃあ、防具を身に着ける意義ってなあに?あなたはそう思うかも知れない。実は、武器よりも大切だ。防具には3つの機能があり、ゲームを進めていくうえでとても重要になる。それは、「防寒」「魅力アップ」「ドレスコード」だ。

 「防寒」。この世界は、気温が一定ではない。ちょうど良い温度ならば問題ないが、暑かったり寒かったりすると、人間は活動力が低下する。極端な温度になると、最悪ゲームオーバーになる。そうならないために、防具を身につけて低気温に対抗するのだ。ちなみに、低気温になる基本的な要素は以下の通り。
 ・夜
 ・冬
 ・標高が高い
 ・赤道から離れている
 ・冷凍庫の中

 「魅力アップ」。このゲームで最も大事なステータスは「魅力」だ。能力値は顔の造形で十中八九決まるけど、防具の組み合わせによっては、ブスやブ男も大幅に魅力をアップさせることができる。その際重要となってくるのは、総額ではなく、色やアイテムの組み合わせ(コーディネート)だ。

 「ドレスコード」。どこでどんな組み合わせの装備をしても構わないが、その場に合ったコーディネートというものが、ある。時と場所と状況にふさわしくない服装は、周囲の人間から白い眼で見られる。最悪、警察に通報されるぞ。
 例を挙げれば、般若の面をかぶって会社に出勤したり、海パン一丁で結婚式に列席したり、スキーウェアを着て温泉に入湯したりすれば、不審者として逮捕されるかも知れない。
 これから紹介する「防具図鑑」では、その防具を装備すべき職業・属性を()で表し、防具の効果を最大限に引き出す職業・属性を[]で表した。たとえば「ブラジャー(女)[巨乳]」は女の専用装備であり、男は装備すべきではない、巨乳ならなおよし、ということ。装備する際の参考にしてほしい。