読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

の人生 徹底攻略法

架空のゲームの攻略本。衰退した攻略本文化に敬意を払いつつ…

武器辞典【マ】

マイク(鈍器)
 自分の肉声を、スピーカーから流したり、録音したりするための機器。主としてカラオケボックスで口論となった際に使用。SFに登場する伝説のシンガー「剛田剛」が、デスボイスで全体攻撃をする際にも使用。

マイクスタンド(鈍器)(両手)
 手にマイクを持たなくても歌えるようにした、棒状の架台。コンサートで、歌手が客を殴る際に用いる。

巻物(鈍器)
 やたら横に長い紙を、何重にも巻いた棒状の書物。本が発明される以前の書物の形式。中には呪文や忍術の秘伝が書かれているが、「学者」の技能がないと読めない。

マグカップ(鈍器)
 熱い飲み物を注ぐための食器。取っ手がついており、敵を殴りやすい。

枕(投擲)
 ミニゲーム「枕投げ」で、クラスメートをやっつけるために用いられる。「枕投げ」は、期間限定イベント「修学旅行」の就寝時間に高確率で発生する。

正宗(刃物)(両手)
 名刀。銃砲刀剣類登録証を所持していないと銃刀法違反になる。

マシンガン(銃)(両手)
 機関銃。対人戦に絶大な効果。威力・発射速度・射程距離・弾数のすべてに優れる。ただし、発射するには架台が必要となるため、機動力ではアサルトライフルに劣る。

マネキン(鈍器)(両手)
 服を展示するための等身大の人形。壊れると五体バラバラになり、より扱いやすくなる。

豆(投擲)
 大豆。加工次第で、実に多くの食品へと変化する(煮豆・黒豆・醤油・味噌・豆腐・豆乳・枝豆・納豆・甘納豆・きなこ・おから・油揚げ・がんもどき・もやし・湯葉食用油、など)。鬼に対して大ダメージ。

水鉄砲(銃)
 水を発射するおもちゃの銃。びしょぬれTシャツコンテストで重宝する。

水風船(投擲)
 水を入れて膨らませた風船。当たると破裂して敵を濡らす。

ミニガン(銃)(両手)
 ガトリングガン。小さな銃に思える名称だが、実際にはヘリコプターに搭載されるようなバルカン砲。重量があり、「腕力」が70以上ないと単独使用は無理。

虫取りアミ(鈍器)
 トンボ・ちょうちょ・セミ・ハチ・妖精などをつかまえるための道具。魔法をはじき返す。

村正(刃物)(両手)
 妖刀。徳川家に対して大ダメージ。

ムチ(鈍器)
 罪人や牛馬を打つための道具。SMクラブで女王様が標準装備している。

名画(鈍器)(両手)
 たいへん高価な絵画。使うには勇気がいる。

メス(刃物)
 医療器具。大きさからは想像できないほどの切れ味を誇り、死体を簡単に解体できる。

メガホン(鈍器)
 声を大きくする道具。スポーツの現場で使われることが多く、声援・命令・叱咤・野次を増幅して相手に伝える。気に食わない選手を監督が叩く際にも使う。

メリケンサック(鈍器)
 拳にはめて使う、金属製の武器。パンチ力が格段に上昇し、手の防御力もアップする。「ナックルダスター」「カイザーナックル」とも。不良の愛用品。

麺棒(鈍器)
 生地をのばすための棒。堅くて太くて長い。

モーニングスター(鈍器)(両手)
 頭部に鉄球がついている棍棒。鉄球にはスパイクが放射状に生えている。学芸会で「日の出」の役を演じる際に便利。

モップ(鈍器)(両手)
 清掃用具。先端にドレッドヘアーがついており、床を水拭きする。リーチに優れる。

物干しざお(鈍器)(両手)
 洗濯物を乾かすために使われる棒。リーチに優れる。

物干しざお(刃物)(両手)
 佐々木小次郎愛用の日本刀。燕に対して大ダメージ。

銛(刃物)(両手)
 投擲武器としても使うことのできる槍。水中の敵に対して大ダメージ。